“手覚”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ておぼえ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“手覚”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 歌舞伎4.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
寿美蔵の老婆は、毎度かかる役に手覚ておぼえあれば、相応に見られたり。
両座の「山門」評 (新字旧仮名) / 三木竹二(著)