“扉門”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ともん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“扉門”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
第二号乾船渠ドライ・ドック扉門ともんの注水孔は、バルブを開いて、恐しいいきおいで海水を船渠ドックの中へ吸い込み始める。すると渠門きょもんの近くの海中へおもしを着けられて沈められ、綱の長さでコンブ見たいにふわりふわりしていた屍体はどうなる? んの事はない面喰めんくらった魚と同じ事だよ。
カンカン虫殺人事件 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)