“徴昕:ちょうきん” の例文
“徴昕:ちょうきん”を含む作品の著者(上位)作品数
神西清2
“徴昕:ちょうきん”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それは五年ほど前に腹ちがいの兄、東福寺の雲章一慶が入寂し、引続いて同じ年に、やはり腹ちがいの弟の東岳徴昕ちょうきん遷化せんげして以来のことである。
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
それは五年ほど前に腹ちがひの兄、東福寺の雲章一慶が入寂し、引続いて同じ年に、やはり腹ちがひの弟の東岳徴昕ちょうきん遷化せんげして以来のことである。
雪の宿り (新字旧仮名) / 神西清(著)