“微笑:わらひ” の例文
“微笑:わらひ”を含む作品の著者(上位)作品数
菊池寛1
薄田泣菫1
“微笑:わらひ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
愛嬌のよい微笑わらひを浮べた少年は、トン/\と飛ぶやうに階段を馳け降りて来た。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
青楼ちややへ遊びにゆく客といふものは、大抵見え坊で、内証ないしようはぴいぴいでも、懐中ふところには山をひ、やしきを購ひ、馬を購ひ、郵便切手を購ひ、おつりで若いをんな微笑わらひを購ふ位の財貨かねは、いつも持合はせてゐるらしい顔つきをしてゐるものだ。