“微声:こごえ” の例文
“微声:こごえ”を含む作品の著者(上位)作品数
徳田秋声1
“微声:こごえ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
庸三が微声こごえできくと、
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
彼女は微声こごえで耳元に「行くところまで……」とか何とか言ったのであったが、彼はそういうふうにして悪戯いたずら半分に彼女に触れたくはなかったこと、一夜彼女が自分が果して世間でいうような悪い女かどうかの判断を求めるために
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)