“御論”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごろん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御論”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
また主観客観の区別、感情理窟の限界は実際判然したる者に非ずとの御論ごろん御尤ごもっともに候。
歌よみに与ふる書 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
なるべく公平の御論ごろんを願はしく候。
人々に答ふ (新字旧仮名) / 正岡子規(著)