“御裁可”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ごさいか66.7%
みゆるし33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうだ、これはどうしても頭領に届けでるほかはない。一刻も早く届け出でて、その御裁可ごさいかを得ておく。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
と云つてゐる。芸術は御裁可ごさいかに及ばずとも、変遷してしまふのに違ひない。その点は君に同感である。
解嘲 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「……では。後伏見、花園の二上皇の御裁可みゆるしも」
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)