“御可懐”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おなつかしい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御可懐”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
旦那様に見られてはならないものですから、その艶書は一切引裂いて捨てて御了いなさる御積でしたが、さて未練が込上げて、揉みくちゃにした紙を復た延して御覧なすったり、裂いたきれ繋合つなぎあわせて御覧なすったりして——よくよく御可懐おなつかしいと思召すところは、丸めて、飲んで御了いなさいました。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)