“彫金師”の読み方と例文
読み方割合
ほりものし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私の父は彫金師だった。しかし、にゴム人形だとか石鹸などの原型を彫刻していた。父がいつも二三人の弟子を相手に仕事をしている細工場へ私は好んで遊びに行った。
幼年時代 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)