“弓道家”の読み方と例文
読み方割合
きゅうどうか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大津の町の弓道家山県蔦之助は、このあいだ、日吉五重塔であやしいものを射損じたというので、かれを今為朝とまでたたえていた人々まで、にわかに口うら返して
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)