“幽邃閑雅”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ゆうすいかんが100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“幽邃閑雅”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いつもはそれほどに耳立たない裏田圃たんぼかわずこずえに騒ぐせみの声とが今日に限って全くこの境内をば寺院らしく幽邃閑雅ゆうすいかんがにさせてしまったように思われた。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)