“平々坦々”の読み方と例文
読み方割合
へいへいたんたん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今日私はくまでもこの自然宗教にひたりながら日々を愉快ごしていて、なんら不平の気持はなく、心はいつも平々坦々である。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
大難関を突破して後は平々坦々の積りでいた。尤も入学試験前には相応苦労したものである。課外で毎日晩くまで引っ張られた。
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
この平々坦々たる床の上に、そも如何なる物品が載るのであろうか。帆村はせっせと鏝を動かしながらもそれを想って、何とはなく背中がぞくぞくと寒くなるのを覚えた。
東京要塞 (新字新仮名) / 海野十三(著)