“常山紀談”の読み方と例文
読み方割合
じょうざんきだん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『楞厳経』『円覚経』『華厳経』『法華経』などは云うに及ばず、『徒然草』『常山紀談』『日本政記』『艮斎間話』等、多多益〻弁ずである。
洪川禅師のことども (新字新仮名) / 鈴木大拙(著)
この人は至って愚人だったよう『常山紀談』など普通書き立て居るが、随分理窟の立っていた人だったのは塩谷宕陰の『照代記』その改易の条を見ても
それが意外にも『常山紀談』だったので健三は少し驚ろいた。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)