“常世神”の読み方と例文
読み方割合
トコヨガミ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
飛鳥の都の始めの事、富士山の麓に、常世神と言ふのが現れた。河勝対治に会ふ迄のはやり方は、すばらしいものであつたらしい。
妣が国へ・常世へ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
神にして人語を発する者あるは、海のあなたより時を定めて来り臨む常世神にはじまる(「まれびとととこよと」参照)。
私は日本の国には、国家以前から常世神といふ神の信仰のあつた事を、他の場合に度々述べました。此は「常世人」といつた方がよいかと思はれる物なのです。
翁の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)