“川童”の読み方と例文
読み方割合
かっぱ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
以前はらこれを田の神の神徳として礼讃したのであろうが、今ではこの両日とも水の災い、ことに川童の害をよけるというような方へ、傾いているのは変遷である。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
五五 川には川童多く住めり。猿ヶ石川ことに多し。松崎村の川端にて、二代まで続けて川童の子をみたる者あり。生れし子はみて一升樽に入れ、土中にめたり。
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
今日中央部以西の日本において、やたらに人と相撲を取りたがるのは、川童と話がきまっている。土佐ではシバテンといって芝天狗の略称かとも考えるが、挙動はほとんと川童と同じである。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)