“山幸彦”の読み方と例文
読み方割合
やまさちひこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
上代のワザヲギすなわち俳優というものの役がそれであったことは、海幸彦山幸彦の物語にもすでに見えている。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
そうしてさらにまた山幸彦海幸彦の神話で象徴されているような海陸生活の接触混合が大八州国の住民の対自然観を多彩にし豊富にしたことは疑いもないことである。
日本人の自然観 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
恐れ多くも皇祖彦火火出見尊は、御自身山幸彦として鳥獣の狩猟に従事遊ばされたのであった。さらに遡って、素戔嗚尊は、御自身天斑駒の皮をお剥ぎになったのである。