“尼御台”の読み方と例文
読み方割合
あまみだい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
忘れもしませぬ、二十三日の午剋尼御台さまは御台所さまをお連れになって御寝所へお見舞いにおいでになりました。
鉄面皮 (新字新仮名) / 太宰治(著)
「そうか、尼御台に油を取られたのでもなかッたか、アハハハハ」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
行親 さりとて、尼御台もおわしますに……。
修禅寺物語 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)