“小難:こむず” の例文
“小難:こむず”を含む作品の著者(上位)作品数
内田魯庵1
“小難:こむず”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ただ文書を以て交際するだけなら折々小面倒で嫌気いやきを生ずる事があってもそれほど深く身にみないが、面と向っては容易に親しまれないで、小難こむずかしくて気ブッセイで堪えられなかったろう。
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
PR