“小蛸”の読み方と例文
読み方割合
こだこ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そしてヴェネチアでは唐辛子とうがらしの酢漬を買って見たり、小蛸こだこのうでたのなどを買って食ったりしたのであった。
(新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
そのうち大将の後からぞろぞろ出て来た小蛸こだこがぐるりとを作って彼を取り巻いたから何をするのかと思うと、どっちが勝つか熱心に見物しているんだそうだからねと大いに乗気で話した事がある。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)