“将監橋”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しょうげんばし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“将監橋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
友の家というのは、しば将監橋しょうげんばしそばであるので、豊岡町とよおかちょうの私の家へ帰るのには、如何どうしても、この河岸通かしとおりを通って
白い蝶 (新字新仮名) / 岡田三郎助(著)
金杉橋から、たった一足の将監橋しょうげんばしの裏長屋に、十郎左を、目の中に入れるほど可愛がって育てた母の貞柳ていりゅうが、ひとりで住んでいるのを、内蔵助は、知っていたのである。
べんがら炬燵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)