“向井将監”の読み方と例文
読み方割合
むかいしょうげん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
安政三年相州三浦三崎船大工間宮平次がつくり、船奉行向井将監支配、御船手津田半左衛門預という焼判がおしてある。
顎十郎捕物帳:13 遠島船 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
二千四百石のお旗本、お船手頭の首位を占める、向井将監の邸であったが、つと平八は玄関へかかり、一封の書面を差し出した。碩翁様からの紹介状であった。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それから桜痴居士は自作の脚本「向井将監」の本読みをすることになったが、その頃になって歌舞伎座の仕切場に出ている甲子屋萬蔵というのが遅れ馳せに出席した。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)