“寿亭侯”の読み方と例文
読み方割合
じゅていこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寿亭侯の印と共に、の内にかけておき、なお庫内いっぱいにある珠玉金銀の襴綾種々緞匹、山をなす名什宝器など、すべての品々には、いちいち目録を添えてのこし
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「それがしは漢の寿亭侯関羽である。北地へ参るもの、門をひらいて通されい」
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
盪冦将軍寿亭侯関羽。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)