“対日戦”の読み方と例文
読み方割合
たいにちせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大統領「それはどうやら保合いだが、食欲がないので困る。さてと、対日戦だが、だんだん長期化するのは困るね。正直なところ国内に於ても国外に於ても、爆発の一歩手前にあるの観りだよ。そうは気がついて居らんかね」
諜報中継局 (新字新仮名) / 海野十三(著)