“宰我”の読み方と例文
読み方割合
さいが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あるいは自分を口舌の徒と思っていたのかも知れない。そう云えば、孔子はかつて弁論の雄として宰我と自分とを挙げたことがある。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
それが直弟子たる宰我の口に上るはずのないことはもちろんであるが、子貢が孔子を政治の批判者、百王の批判者として絶讃していることも、『論語』における子貢に合わない。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
閔子騫や、冉伯牛や、仲弓もなかなか立派である。宰我や子貢は何だか生意気に見える。子夏と子游とは少しうすっぺらだ。子路は穴だらけの野心家のように思える。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)