“宮越”の読み方と例文
読み方割合
みやのこし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宮越へ向う峠の上からご料林を眺めた風景が鳥渡心を引きましたので或日私は三脚を据えて其写生に取りかかりました。
温室の恋 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「いやいやそれには及ばない。宮越、越えれば福島じゃ。これまで隙のないものが、これからありよう筈はない……乾児衆にもおさらばおさらば」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
よくないのは山影さん、いったいどこにいるんだろう? 藪原で聞いてもいないというし、宮越で聞いてもいないというし、福島で聞いてもいやあしない。
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)