“孫屋”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まごや100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“孫屋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
このあたりには水車場すいしゃば多し、されどこはいと小さき者の一つなり、水車場を離れて孫屋まごや立ち、一抱ひとかかえばかりのかし七株八株一列に並びて冬は北の風を防ぎ夏は涼しき陰もてこの屋をおおい
わかれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)