“孜々営々”の読み方と例文
読み方割合
ししえいえい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
孜々営々である。昼夜兼行である。そしてこの割普請制の汗の下に、磐石も巨木も、思うままに動かされていた。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
有史以来、人間はこの三つの煩悩にりたてられて、われも人もこの三慾のためにこそ、孜々営々と生命をる歩みをつづけてきたのだ——現世は、名、金、おんなの煩悩三つ
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)
しかし孜々営々、この大遠征軍は、やがて遂に、禿龍洞の地へ入った。そして洞界の一方に陣し、しばし兵馬に良き水を飲ませ、野営の幕舎をつらねて動かなかった。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)