“嬋娟窈窕”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せんけんえうてう50.0%
せんけんようちょう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“嬋娟窈窕”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
日盛りの銀座の美人などは如何いか嬋娟窈窕せんけんえうてうとしてゐても、うつかり敬意を表するものではない。
鷺と鴛鴦 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
又「どうも実に嬋娟窈窕せんけんようちょうたる美人だな、どうも盛んなる所美人ありと云うが、実にないな、のくらいな婦人は二人とは有るまい、どうもそのよろけながら赤い顔をしてく有様はどうもたまらぬな、どうも実にはア美くしい」
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)