“娘師”の読み方と例文
読み方割合
むすめし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
娘師邯鄲師、源氏追い、四ツ師、置き引き、九官引き、攫浚付たり天蓋引き、暗殺組の女小頭、いろいろの商売を持っております」
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「手前は手弄みばかりかと思つたら、何時の間に娘師強盜の眞似をするやうになつたんだ」
「それが天罰と言うものだよ。娘師が漆喰をこぼしたり、を忘れたりするようじゃ——」