“奸党”の読み方と例文
旧字:奸黨
読み方割合
かんとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この水戸の苦悶は一方に誠党と称する勤王派の人たちを生み、一方に奸党と呼ばるる佐幕派の人たちを生んだ。一つの藩は裂けてたたかった。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
らは、何と悠長なお考えでおられるのか。将軍家がこの信長に頼られたのは、信長にって、京師の奸党三好松永の徒を一掃し、失地を奪回し、室町幕府の御家統を
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
むやみにみ合い、ケチをつけたがる風習の土地柄がある、たとえば、水戸の如きは、あれだけの家格と人物を持ちながら、到底一致することができない、奸党だ、正義派だ、結城だ、藤田だと
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)