“女媧”の読み方と例文
読み方割合
じょか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
太昊景竜の瑞あり、故に竜を以て官に紀す〉、また〈女媧黒竜を殺し以て冀州う〉、また〈黄帝は土徳にして黄竜る〉、また〈夏は木徳にして、青竜郊に生ず〉など
失望のあまり黄帝は、遠く広く天の修理者を求めた。捜し求めたかいはあって東方の海から女媧という女皇、をいただき竜尾をそなえ、火の甲冑をまとって燦然たる姿で現われた。
茶の本:04 茶の本 (新字新仮名) / 岡倉天心岡倉覚三(著)
女媧は、たちまち目を醒ました。
不周山 (新字新仮名) / 魯迅(著)