“天駆”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
アマガケ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“天駆”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 社会・家庭生活の習俗6.7%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 年中行事・祭礼3.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
標山系統の練りもの類を通じて考へて見ると、天つ神は決して常住社殿の内に鎮座ましますものではなく、祭りの際には、一旦他所に降臨あつて、其処から御社へ入られるもので、還御の際にも、標山に乗つて再び天降りの庭に還つて、其処から天駆アマガケり給ふのである。
盆踊りと祭屋台と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)