“大覚寺”の読み方と例文
読み方割合
だいかくじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
後深草は、持明院を御所としたので、持明院統とよばれ、亀山は、大覚寺にお住みだったので、大覚寺統と世間がいった。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
後醍醐天皇は、後宇多と伏見の両上皇が、大覚寺持明院の両統から交互に天皇を立てるという約束をした。
そして両家の対立は、実は皇室における大覚寺持明院両統の対立を後にしておったのである。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)