“大恐慌”の読み方と例文
読み方割合
だいきょうこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうして帰ってきた源三郎が、前からここにいたように、日常茶飯事に託して自分の姿を、チラリチラリと不知火のやつらに見せたことは、この連中のあいだにこんな大恐慌をもたらしたので。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
怪事は、果然、米連主力艦隊を大恐慌の中にげこんでしまった。
地球要塞 (新字新仮名) / 海野十三(著)
『木戸博士の行方不明に世界学界は大恐慌!』
キド効果 (新字新仮名) / 海野十三(著)