“夜討草鞋”の読み方と例文
読み方割合
ようちわらじ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
薄氷うすらいを割って、勘六は腰まで水の中につかっていた——萠黄股引もえぎももひき夜討草鞋ようちわらじの片足を高く宙に揚げて。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)