“夜蛾”の読み方と例文
読み方割合
よが100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
よく見るとそれは大きな黒い夜蛾よがだった。葉子は神がかりが離れたようにきょとんとなって、不思議そうに居ずまいをただしてみた。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)