“墨夷”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぼくい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“墨夷”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
墨夷ぼくい本牧を以ていまだ足らずとし、江戸に来居、市中自在に横行するは、応接条約等の表にては当然の事には候えども、現在に目撃すれば随分驚き申し候。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
僕江戸に来り墨夷ぼくいの事体見聞、大いに驚き、またひそかに喜ぶ。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)