“地言”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じこと50.0%
じごと50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“地言”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
距離がへだたっているがために、地言じことはハッキリと解らなかったが、こういう意味のことを言っているようであった。
生死卍巴 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「謡はいいなあ、おら地言じごと(文句)は判らないでも、音をきくだけで、気までしゃんとするごんだ」
祖母のために (新字新仮名) / 宮本百合子(著)