“土産品”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みやげひん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“土産品”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と、町長は手を取らんばかりに、北鳴四郎に厚意を寄せるのだった。すべては昨夜、町長のところに贈った思いがけなく莫大な土産品みやげひんのなせるわざだった。
(新字新仮名) / 海野十三(著)
妹たちに買い残しておくべき衣服地や、外国人向きの土産品みやげひんや、新しいどっしりしたトランクなどを買い入れると、引き出した金はいくらも残ってはいなかった。
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)