“嘷”の読み方と例文
読み方割合
100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蹴られて金眸岸破跳起き、一声えて立上らんとするを、起しもあへず鷲郎が、襟頭はへて引据ゆれば。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
『類函』に虎能く人気を識る、いまだ百歩に至らざるに伏してゆれば声山谷に震う、須臾して奮い躍りて人をつ、人勇ある者動かざれば虎止って坐り逡巡耳をれて去ると。
そのゆる声百雷の、一時に落ちるが如く、山谷ために震動して、物凄きこといはん方なし。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)