喪布もぬの)” の例文
そして、地面や樹木や人家を喪布のように包んでる黄色い霧の中を、ぬれた野を通って、徒歩で帰っていった。光と同じく、生命も消えせてるかと思われた。