“喜屋武”の読み方と例文
読み方割合
キャン100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二年生になったとき、新入生に喜屋武というのがいた。ぼくは自分からすすんで、この喜屋武とつき合って出来るだけ親しくした。
私の青年時代 (新字新仮名) / 山之口貘(著)