“善法寺”の読み方と例文
読み方割合
ぜんぽうじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そんななかで病気になっても村に医者はいなかった。よくきく薬もなかった。医者も薬も戦争にいっていたのだ。おばあさんのくなったときには、村の善法寺さんまでが出征して留守だった。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)