“啼通”の読み方と例文
読み方割合
なきとお100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
阿爺さんに叱られるけれど、と言いながら、詰り桟俵法師を捜して来て、履脱の隅に敷いて遣った——は好かったが、其晩一晩啼通されて、私はとも知らなんだが
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)