“唐姫”の読み方と例文
読み方割合
からひめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「宵も更けましてございます、もうお休みなさりませ」云い云い老女は近寄ったが「これはこれは唐姫様、またお占いでございますか」
南蛮秘話森右近丸 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
その頭は何という女か? 唐姫という女である。その唐姫とは何物であるか? 織田信長に滅ぼされたところの、大名の息女なのである。
南蛮秘話森右近丸 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そうしてこれ等は云う迄もなく、処女造庭境を支配している唐姫という女の家来なのであった。
南蛮秘話森右近丸 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)