“唇角”の読み方と例文
読み方割合
しんかく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただ天保の倹約令に至りては、太平の社会を震動せしめ、半世紀後の今日において、白頭の父老これを語りて唇角微顫あるを覚えしめたるは何ぞ。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)