“哀慟”の読み方と例文
読み方割合
あいどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
読み終ると、孔明は、ふたたび地に伏して大いにき、哀慟の真情、見るも傷ましいばかりだったので、並びいる呉の将士もことごとく貰い泣きして、心ひそかに、皆こう思った。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「聞えますか。あの、仲間の凱歌が聞えますか。」と哀慟して言う。
竹青 (新字新仮名) / 太宰治(著)
高野氏とも、常助氏とも相談して、始めて公刊することにした、従来、地中から発掘された原稿が、刊本になった例としては、英国ヴイクトリア王朝の詩人、ロセッチが、愛妻の死を哀慟するあまり