“和子様”の読み方と例文
読み方割合
わこさま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小児の食品として今の処ではこの軽焼が一番だと思うね。既に上流社会の和子様たちは下谷の名物風船あられといってこの軽焼の精製したものを召上ると申す事だ。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
和子様——」と、誰か呼ぶ。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
和子様が」
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)