“厲声”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
れいせい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「小説家を提調にしてどうする」と厲声れいせい川島に喰ってかかると、「くも一度会って見るサ」といわれて川島の仲介で二葉亭と会見し
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
続いて最前から女王の姿に扮装しつつ平然として場内を逍遥し続けていた年増としま女に近づいて行ったが、同女が厲声れいせい一番、「無礼者。わらわを知らぬか」と一睨いちげいすると
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)