“午吉”の読み方と例文
読み方割合
うまきち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
店に寢るのは午吉といふ三十前後の煙草切の職人と小僧の與助だけ、これは十四といふにしては少し智慧の遲れた、ノツポの少年です。
といいました。草加の百姓午吉の子ということで育ち、浅草に引っ越して、もう十年にもなります」
と言ひました。草加の百姓午吉の子といふことで育ち、淺草に引越して、もう十年にもなります」